株式会社リダの社会貢献

株式会社リダの社会貢献



unicef

ユニセフ活動を支援しています。

ユニセフは、世界の子どもたちの生存・発達・保護・参加の
権利を実現するために活動している国連機関です。

1946年、第2次世界大戦で被害を受けた子どもたちの緊急支援を目的に創設されました。
その後、活動は緊急支援だけでなく、開発途上国の子どもたちの生活を改善するための支援活動へと広がっていきました。
日本も1949年~1964年までの15年間にわたり、学校給食用の粉ミルクや衣服の原料の原綿、薬などの援助を受けました。
  国際児童年の1979年、日々、水汲みの重労働に追われる開発途上国の子どもたちに「バケツ一杯の水を送ろう」と、
全国的なユニセフ協力活動の始まりです。
  世界中の子どもたちが、平和に、そして健康に暮らせるように、保健、教育、子どもへの虐待・搾取、HIVなどの分野で、
開発途上国自身が問題を解決する力をつけることを目的とした援助、アフガニスタン、
イラクなどへの扮装下の緊急支援と紛争後の復興支援を行っています。

今なお、世界では、毎年920万人の子どもが
5歳の誕生日を迎える前に毎年亡くなっているそうです。
世界の子どもたちが健やかな生活を送れるよう
これからもユニセフの活動を支援してまいります。


LIVE FOR LIFE

私たちはLIVE FOR LIFEの活動に賛同し、
命の尊さをすべての人々に伝えて行きます。

LIVE FOR LIFEは歌手・本田美奈子さんの生前の願いから生まれました。彼女は急性骨髄性白血病という難病と闘う中で、いろんな人達から励まされ、それまで感じてきた愛よりも、もっと深い愛を感じるようになりました。
「生きるって素晴らしいな」とこころの底から思うようになり、自分がこの難病を克服して再びステージに立って歌えば、
同じ苦しみの中で闘っている人たちにエールを送ることができるとの思いで懸命に生きたのです。
人は、みんな生きるために生まれてくる。だけど、さまざまな困難に直面したとき、人は悲しみに打ちのめされ、
絶望してしまう。しかし諦めないで欲しい。
希望を見失って立ち止まってしまってもいい。でも、ゆっくりでいいから、もう一度勇気をだして、前を向いて歩きだそう。
だってあなたはその命を輝かせるために、生まれてきたのだから。
私たちのこの思いを込めた言葉、それが“LIVE FOR LIFE”なのです。


(株式会社リダ 社会貢献ページ より抜粋)


  • 最終更新:2012-12-19 11:41:27

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード